大型自動二輪免許も合宿で取得しよう

前回では、普通自動二輪者車の免許について説明しました。
今回は、普通自動二輪者のひとつ上の免許、大型自動二輪の免許について解説します。
大型自動二輪車は400ccを超える二輪車を運転できる唯一の免許です。
この大型自動二輪車の免許を持っていれば、全ての自動二輪車を運転することができるようになります。
ただし、大型自動二輪と普通自動二輪については、普通自動車と同じく「オートマチック限定」の免許があるということを知っておかなければなりません。
取得したのがオートマチック限定の免許である場合には、オートマチックの二輪車しか乗ることができないので注意しましょう。
また、大型自動二輪のオートマチック限定の免許を取得した場合には、オートマチック車の場合でも排気量が650cc超えるものを運転することはできません。
ミッションの2輪車に乗りたい場合や、650ccを超える排気量の二輪車に乗りたい場合には、オートマチック限定でない免許を取らなければなりません。
オートマチック限定免許を取得している人は、限定解除審査に合格すればミッションの二輪車に乗ることができます。
オートマチック限定の免許か、そうでないかで教習料金や日程などが異なってきますので、しっかり確認しておきましょう。
大型自動二輪の免許も、普通自動二輪や普通自動車と同じく、合宿免許で取得することができます。
大型自動二輪車は普通自動二輪車よりも排気量が大きく、パワーも強いので扱いが難しいと言われています。
そのため、やはり短期間で集中的に練習をすることができる合宿免許で免許を取得することをおすすめしよう。
既に普通自動二輪や普通自動車の免許を取得済みの人は学科の講習や試験を免除出来る場合があります。
そのため、合宿も短期間で済み、社会人であっても有給などをうまく利用すれば合宿免許へ参加することもできるかもしれません。
仕事があるから合宿はちょっと……という方も連休や有給などを調べてみてぜひ合宿免許を検討してみてください。